2020/10/27 19:27

宮城県丸森町の農家・八巻一郎さんのお米の販売を開始します!

本日より、丸森町舘矢間地区の農家・八巻一郎さんが育てた令和2年産の新米と令和元年産のお米(キヌヒカリ)の販売を開始します!
青魚を漬け込んだ液肥や、厳選した鶏ふん堆肥を使用するなど独自のこだわりを持って栽培したお米は、粒の粘りが良く甘みが強いと評判です。

  

一般の基準よりも厳しい1.95mmの厳選網を採用!

一般的な基準である1.9mmよりも厳しい、1.95mm以上のお米のみを選別しています。
粒サイズを一般的な基準より厳しく選別することで、炊き上がりのムラが減り、粒立ちが良くなります。
八巻さんのこだわり抜いたお米は、東京・銀座や恵比寿のシェフにも評価され、料亭などで採用されています。



コロナの影響を受け、販売量が激減

八巻さんの卸先であった東京都内の飲食店は、休業要請や訪日外国人の減少などコロナウイルスの影響を受け、販売量が激減しました。
コロナウイルスによる影響の見通しが立たないことを受け、maruでの取り扱いを開始しました。
今年収穫した新米に加えて、昨年産のお米もお求めやすい価格で販売いたします。
八巻さんのこだわり抜いたお米をぜひご賞味ください。
 
  
お取り扱いをご検討いただける飲食店様や、イベント関係者様も募集しております。